ものぐさジンジニアの料理日記

一人暮らし社会人が気軽にお料理する日記です。時短、節約、簡単なズボラ料理ばっかりです。

牛肉麺を作ってみた

ゴールデンウィークということで、ちょっと手間のかかりそうなやつを作って見ました。

 

材料

ここに書いてある通り。

この記事を見てから、作ってみたいと思っていたのでした。

www.hotpepper.jp

 

作り方

基本的にはこの通り作ると大丈夫なのですが、記事の分量記載はちょっと齟齬がありそうでした。

2個で10gと書いてありますが、2個では10gもありません。

スーパーでこちらを買ったのですが、5-6個入っていて5gの分量です。ということで、グラム数を気にせずに2個入れると良さそう。

 

  • にんにく

同様に、2カケで50gもありません。ということで、こちらもグラム数を気にせずに入れると良さそう。

  • 豆板醤

辛いのがちょっと苦手なので大さじ1を入れたのですが、それでも相当辛くて無理だったので、トマトを大量に足してマイルドにしました。

最初は小さじ1-2くらいにしておいて、完成時の味付けで調整すると良さそうです。

  • お肉

スジ肉を500グラムで作ったのですが、全体的な肉感が少なかったので、もうちょい増やしても良さそうかなと思いました。

記事のレシピに合わせて2センチよりちょっと大きいくらいの大きさに切って作ったんですが、とろけて消滅してしまった感じもあるかなと。

スジ肉を使う時は大き目に切って使うか、分量増やすと良さそうでした。

  • うどんの温度に注意

記事の指示通り、乾麺を使いました。

生麺や乾麺を使う時は茹でた後に水で洗う(締める)と思うのですが、そのままにしておくと、スープを注いだ時に冷めてしまいます。

そりゃそうだ、って感じなんですけど、普通に麺が冷たいままでスープを注いでしまって失敗したなと思ったのでした。締めた後、ちゃんと温めましょう。

麺によっては、締めなくても大丈夫なのかもしれない。

  • その他

お肉が柔らかくなるまで待つのが我慢できなかったので、圧力鍋使いました。

一瞬でできて最高。

 

f:id:mameco0417:20180504220543j:plain

 

作っている時から勝利の匂いがします。

一日置くと美味しいとのことだったので、置きました。

スジ肉は脂も多いので、温度が下がって表面に固まった脂は取り除いて、ちょっとさっぱりさせました。

f:id:mameco0417:20180504220624j:plain

大勝利。

 

元記事によると、スープは冷凍保存しておいても良いらしい。

八角紹興酒はあまり他では使わない材料だけど、その他は普通に使うような材料で、むちゃウマができるので、最高でした。

また作りたい。

適当で長持ちする いちごのジャム的なもの

そのままです。

買ったいちごが酸っぱかったのですが、勿体無いのでなんかにしようと思い立ったのでした。

 

お料理は好きで得意な分類に入るかと思うのですが、お菓子作りはダメです…。

ちゃんと計測する、適切な硬さになるまで混ぜる、温度管理をすると言った行為が本当に苦手で、適当にチャチャッとやってだいたい美味しくできるお料理との差を感じます。

 

お菓子を作る時に参考にするのがイギリスのもので、なんでかというと、あの適当なイギリス人でも作れるんだったら私でもできるやろ、という気持ちになるからです…!

(スコーンとか、本当に適当に作れるし、適当に作った方が美味しい)

 

ということで、ジャムもイギリス人が作ってそうなので作れるやろの精神で行きたいと思います。

 

材料

  • いちご
  • お砂糖(今回は家にあったきび砂糖を使ったけど、本格的にはグラニュー糖らしい)
  • レモンもしくはレモン汁

 

レモンってなかなか使い切るのが大変だと思うんですけど、そういう時は適当に切ってラップに包んで冷凍にしています。

こうすると、ハイボールがいつでも美味しく作れる。(飲んべぇの思想)

 

f:id:mameco0417:20180430220700j:plain

作り方

いちごは洗って水気をきる。冷凍レモンは凍ったままだと汁が出ないので、適当に切って入れてみた。

f:id:mameco0417:20180430220918j:plain

そこに、砂糖を入れてまぶしてしばらく放置。

砂糖は重量の30%以上が推奨なようで、40%くらいまで入れるのが多いようだった。

甘すぎるのはちょっとあれなので、30%以上40%未満な感じて適当に計りつつ入れる。

こんな感じ。

この後、レモンは汁を絞って皮はさようなら…ってしようと思ったんだけど、ふと「これ、レモンの皮刻んで入れたら美味しいんちゃうか」と思ったので、汁を絞って取り出した後、細かく刻んで入れてみた。

f:id:mameco0417:20180430221317j:plain

10分経つと、水分が出てくる。

f:id:mameco0417:20180430221621j:plain

んでもって、火にかけます。

焦げ付かないように弱火、かつ、鍋底を混ぜ混ぜします。アクは取る派のレシピと取らんでも大丈夫派のレシピがあったので、ズボラな私は取らない派で。

今回は分量も少なかったので15分ほどにたらおしまい。

f:id:mameco0417:20180430221824j:plain

煮詰まったら、煮沸しておいた瓶に入れます。

この瓶は、元はシャケとか入ってたやつだと思われる。

f:id:mameco0417:20180430222055j:plain

 

おしまい!

ちょっと試食したけど、なんかいい感じに美味しかった!

GWの後半休日はスコーンでも焼こうかな。

野菜高騰のせいで節約にならぬが美味い 春菊サラダ

野菜が高すぎて自炊欲が湧かない今日この頃。

このブログのレシピは「節約」もポイントのはずだけど、節約にはならないやつです。

 

 

春菊のサラダ、すごく好きで飲み会の時によく作ってます。

春菊って生で食べるイメージなかったのだけど、とある居酒屋さんで食べてみたらムッチャ美味しかった!のでした。

 

私はよく三分間クッキングを参考にしているのですが、そこでも春菊のサラダが紹介されていて、下ごしらえの方法はこれを参考にしています。

www.ntv.co.jp


 

材料

  • 春菊
  • えごま油
  • 塩気の何か
    • めんつゆ、だし醤油、ポン酢、塩など
  • お好みでお酢
  • お好きなトッピング
    • 油揚げ、厚揚げ、しらすなど

ドレッシングは色々試してみたのですが、えごま油の香ばしさと春菊の香りとのマッチが最高なのでぜひおすすめです。
オリーブオイルやごま油などでも良いのですが、とにかくえごま油は格別でした。

塩気の何かは、お好きな感じで大丈夫です。
めんつゆやだし醤油を使うと、和風ドレッシングな感じが増します。
私は鎌田のだし醤油を愛用しています。
これですね

 

自分は関西人なので、ポン酢の時は旭ポンズ派です。(関西人関係なさそう)

塩にするとナムルっぽい感じになります。

お酢はお好きな感じでどうぞ。

 

作り方

三分間クッキングのレシピにも書いてある通り、葉は適当にむしって、茎はできるだけ薄く切ります。

切ったら水にさらします。

冷たい水にさらすことでパリッとしますし、えぐみも消えます。

ところで、こういう作業はサラダスピナーがあると便利ですね。

写真を撮るの忘れたので、サラダスピナーのアフィ貼っておきます。

 水にさらしている間に、具とドレッシングの準備をします。

この時の具は厚揚げしました。

フライパンで焼いて香ばしい感じにしておきます。

f:id:mameco0417:20180207223909j:plain

 

ドレッシングです。

えごま油と塩気のものを混ぜておきます。

入れる塩気のものによって塩分が違うので、ちょっとずつ混ぜて味見しながら試してみてください。

この写真のは、えごま油をスプーン2杯、だし醤油を0.5杯弱くらい、お酢を1杯くらい入れています。

写真には写ってないのですが、この日は家にちりめん山椒がありまして、それを後から加えたので、塩気であるだし醤油を少なめにしています。

f:id:mameco0417:20180207224037j:plain

水気をきった春菊とドレッシングを混ぜて、具をトッピングします。

美味いです。

f:id:mameco0417:20180207224705j:plainトッピングを厚揚げにするとボリュームが出るので、おかずサラダにできます。

豆腐を焼くとかでも合いそうだなー。

 

こっちは、以前に作ったやつ。

大根のスライスとしらすをのっけてますね。

しらすも塩分があるので、ドレッシングの塩分に要注意です。

f:id:mameco0417:20180207224950j:plain

三分間クッキングのレシピをみたら白ネギを入れるって書いてあって、それも美味しそう。

 

とにかく、えごま油を使えばだいたい美味しくなります。

そんな感じでしたー。

 

はー、早くお野菜の値段、下がらないかな…。

火を使わないで楽して美味しい 豆豆しいものたち

秋も深まって来た今日この頃。

美味しいものが食べたい。でも、太りたくない。

仕事で疲れてるからお料理は手軽にしたい。けど、コンビニ弁当はいやだ。

お腹空いてるからすぐに食べれたい。

そんな今日この頃です。

 

最近ジムに通って筋トレなど始めたり、ちょっとダイエットを意識したりなどしているので、晩御飯には炭水化物を出来るだけ摂らないようにしています。

そういう気分にぴったりなので、良く食べてるものたち2品です。

 

キムチ納豆腐

材料

  • 豆腐
  • 納豆
  • キムチ
  • (お好みで)温玉とか卵黄とか
  • (お好みで)ごま油とかエゴマ油とか

 

作り方

お豆腐の上に、まぜまぜした納豆とキムチを載せます。ぐちゃぐちゃっと全部混ぜておもむろに食べます。

現場からは以上です。

f:id:mameco0417:20171114225855j:plain

 

お豆腐は、男前豆腐的な感じの、変な名前のついた充填豆腐のパックを買っています。

日持ちもするし便利。

最近、近所の商店街でキムチの量り売りがフェア的なやつで出店していて、ひじきキムチを買いました。

むちゃ美味いです。

通販もやっているようなので、どうぞ

www.haruhime.co.jp

 

豆乳スープ

 

材料

  • 豆乳
  • めんつゆとか出汁醤油とか、そういう感じのもの
  • お好みで野菜類

 

作り方

こちらをみてください。

材料を器に入れてレンチンして、めんつゆ的なものをかけるだけです。

www.hotpepper.jp

 

我が家では「鎌田のだし醤油を使うとだいたいなんでも美味しくなる」という言い伝えがあり、それに従って鎌田のだし醤油を使用しています。

 

 

今回は、干しエビと白菜を入れてみました。

with キムチ納豆腐です。

f:id:mameco0417:20171114230722j:plain

 

スープなので温まるし、結構腹持ちするので最高です。

キノコとか、豆苗とか、ハムっぽいものとか、なんかそういうのを入れると美味しいですね。

ラー油など加えてみるなどしても、これもまたいとをかし。

 

 

豆乳も豆。

納豆も豆。

お豆腐も豆。

豆豆豆という感じのメニューになりますが、まあ、良いでしょう。

お野菜もあるし。

 

 火を使わないし、なんなら白菜切るのめんどくさくてちぎって入れたから包丁とまな板も使わない。

ムッチャ楽ですね。

 

 

難点はというと、キムチ納豆腐は美味しすぎて、ビールを飲みたくなってしまうことくらいでしょうか。

 

 

以上、手抜きお料理でした。

 

適当に切って煮込むだけ 作り置きラタトゥユ

何せ、連休最終日であるからにして、明日からはお仕事が始まるわけですね。

ということで、平日もお料理頑張らなくても良いように作り置き的なものを作ろうとしたわけです。

 

話は変わりますが、最近はジムに通って筋トレするなどしており、そうすると家に帰る時間が普通よりも遅くなる訳で、そうするとお料理するのがめんどくさくなって外食してしまったりしてしまうのです。

せっかく運動しているしダイエット中だし、夜ご飯はできるだけ炭水化物を避けたい気持ちなのですが、外食となるとなかなか「お肉と野菜」的なものを見つけるのが難しいです。

 

こうやって野菜の作り置きがあれば、あとは肉を適当に焼くだけで完結するので良さそうだなーって思ってます。

 

なんか貧乏性っぽいですが… 

どうせトマトと一緒に煮込んでしまうということで、見切り品コーナーとかにあるような野菜でも大丈夫なんですよね。

最近、お野菜高いからバカにならない。

 

材料

  • イタリアンぽい、煮ても大丈夫な野菜
    • 今回はナス、ピーマン、ズッキーニ、しめじを使いました。
    • 玉ねぎとか、パプリカとか、セロリとか、マッシュルームとか他のキノコも良さそう
  • にんにく ヒトかけ
  • オリーブオイル 大さじ3-4くらい
  • トマト缶 1缶
  • アンチョビ 3-4切れくらい(お好みで)
  • 胡椒
  • オレガノ(あれば)

作り方

にんにくをみじん切りします。

鍋にオリーブオイル、アンチョビ、にんにくを入れて火をつけて、香りが出るまで炒めます。

ラタトゥユのレシピだとコンソメ使うのとかあるんですけど、野菜の美味しさがあるのであまり付け加えたくなく。

でも、野菜だけだとちょっとパンチがないというか物足りないので、動物性の旨味と塩味ということでアンチョビを入れています。

ポイントとしては、ここでオリーブオイルをケチらないでください。

いや、カロリーとか気になっちゃったりするんですけど、オイルがないと美味しくない!って思います。

f:id:mameco0417:20170918160806j:plain

 

適当に切った順番に鍋に放り込みます。

今回は、食べた時のボリュームが欲しかったので結構大きめに切ってますが、お好みでどうぞ。

(レストランのラタトゥユって、もっと細かいよね)

f:id:mameco0417:20170918161619j:plain

いっぱい入れすぎて見えてないけど、なすとズッキーニは乱切りです。ムッチャ適当に切ってるので、下処理的なことをしたのはオクラくらい。(ヒゲ洗ってガクを切った)

さすがに入れすぎて油回せなかったので、蓋をしてちょっとしんなりさせます。

鍋いっぱいでも、煮込むとカサが減るのであまり気にしないでください。

しんなりさせて油回したところ。

あまりかき回しすぎると煮崩れるので注意。

f:id:mameco0417:20170918161907j:plain

したらば、トマト缶入れます。

カットトマト缶でも良いんですけど、どこかで「カットトマト缶とホールトマト缶だと、ホールトマト缶の方がトマトの質が良い」というのを読んだので、ホールトマト缶使ってます。

適当に崩してから入れます。

オレガノ入れて、全体に回します。

f:id:mameco0417:20170918162105j:plain

 

これだけ見ると、「え、煮込みなのに水分少なくない?」ってなるじゃないですか。

大丈夫なんで、水とか足さないでください。野菜からムッチャ出ますから。

これで弱火で蓋して30分くらい放置するとどうなるかというと…

f:id:mameco0417:20170918162258j:plain

 

はい、たっぷり水分。

塩胡椒で味を整えてください。

出来立ても美味しいけど、ラタトゥユは冷えても美味しいよね。

ということで、入れ物に入れて、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存します。

f:id:mameco0417:20170918162428j:plain

 

お肉を焼いた付け合わせとしても美味しいし、パスタソースにしても美味しいし、お酒が進むんだよなぁ。

今日はまだ休日だし、日が落ちる前からビールと一緒に。ワインでも美味しいよなぁ。

(あ、ダイエット…)

 

冷蔵庫で4日くらい持ちます。

作り置きOK 夏野菜のネバネバ

暑い…けど、健康の為に野菜を摂取せねば…さっぱりしたものだけではスタミナつかない…けど、夏バテだし暑いし、さっぱりしたもの食べたいぞ…というワガママを叶えてくれるものです。

しかも、作り置きOKなので、便利!

 

 

材料

  • なす(今回は長茄子を2本使いました)
  • ネバネバの野菜
    • 今回は長芋、なめこ、オクラを使いました
    • 他にも、モロヘイヤやめかぶなど入れても良さそう
  • お好みの薬味
    • 今回は、ミョウガを入れました
    • 他にも、大葉とか生姜とかごまとか入れても良さそう
  • 酢 大さじ3-4くらい
  • だし醤油もしくはめんつゆ とりあえず小さじ1くらい
  • ごま油 小さじ1くらい

 

作り方

なすは薄いいちょう切りにして、塩(分量外)をまぶして放置します。

10分も放置すると水がいっぱい出てくるので、絞ります。

f:id:mameco0417:20170806222724j:plain

 

オクラは塩もみして洗います。

ガクのところを切って、茹でます。

ガクを切るの、めんどくさいけど楽しくて好きです。

茹でる時についでに、なめこも入れちゃいます。(茹でてるところの写真は忘れた…!)

f:id:mameco0417:20170806222829j:plain

 

オクラは茹でれたら、切ります。

今回は結構薄めに切ったけど、もっとごつくても食べ応えがあって良さそう。

f:id:mameco0417:20170806222941j:plain

 

ミョウガ、切ります。

斜めの小口に切ったら、なんかちょっと大きかったので適当に小さくしました。

f:id:mameco0417:20170806223019j:plain

 

長芋、切ります。

ヌメリで手が滑りやすいので、包丁の取り扱いには気をつけてください。

(切ったところの写真は忘れた)

 

 

全部切って、ボウルに入れたところ。

f:id:mameco0417:20170806223134j:plain

 

ここに、酢とごま油、だし醤油(もしくはめんつゆ)を入れて混ぜます。

この段階では味付けを薄めにするのをオススメします。

できた!

 

f:id:mameco0417:20170806223220j:plain

 

ラップをかけて冷蔵庫で冷やすと美味しいです。

作り置きは容器に入れておくと2-3日くらい持ちます。

 

 

このまま食べても美味しいけど、今日はお蕎麦の上にぶっかけました。

温泉卵と梅をのせています。

こうやって、他の味付けをプラスしたりするので、最初の味付けは薄めにして、食べる時に調節するのが良いと思います。

f:id:mameco0417:20170806223425j:plain

 

 その他にも、うどんにのせたり、ご飯にのせたりしても美味しいです。

納豆と一緒にして麺やご飯にのせて食べても美味しい。

あと、サーモンとか刺身の切り落としを漬けっぽい感じにして、ご飯の上にネバネバのせて、その上に漬けの刺身をのっけると、すごい贅沢っぽい丼になります。

 

もちろん、そのまま食べても美味しいし、お酒にも合います。

 

 

刻むのとか、なすやらオクラやらの下準備がちょっとめんどくさいけど、夏にぴったりだし、作り置きできるから多めに作っておくこともできるし、便利です。

つまみに最高 セリとササミのナムル風和え物

最近、家飲みを拗らせています。

なんか凝ったのとか作る時もありますが、ささっとできるものも。

並行して何品か作っていたら、写真撮るの忘れたりしてる工程も…。

 

なんでこれ作ったかっていうと、セリが見切り品コーナーにあって50円で売ってたのと、ササミが特売だったからです。

だから多分、200円くらいで作れてるんじゃないかな、これ。

 

材料

  • 鳥ササミ(今回は3本)
  • セリ 1束
  • ごま油 大さじ2
  • 薄口醤油 小さじ半分
  • にんにく醤油(なければ普通にお醤油でOK)小さじ1
  • 塩 適量
  • 酒 大さじ3

和風にしたかったので日本酒とごま油と醤油にしましたが、洋風にしたければ白ワインとオリーブオイルと塩だけにするとできます。

 

作り方

 

まずは、ササミに火を通します。

この作り方すると、楽チンでしっとりできるので、他の料理にも応用できます。

 

ササミに塩をします。水気があれば拭き取ります。

普通は下ごしらえの時に筋を取るのですが、めんどくさいのと、「後からほぐすしいっか」って思って下処理してません。

気になる人は筋を取ってください。

f:id:mameco0417:20170321220454j:plain

 

耐熱皿に写して、酒と薄口醤油をします。

ちょっとモミモミして馴染ませます。

f:id:mameco0417:20170321220930j:plain

ラップをしてレンジでチンします。

500wで2分したら、ひっくり返して40秒-1分追加します。

ひっくり返す時はムッチャ熱いので気をつけてください。

できたら、粗熱が取れるまで放置します。

この時、余熱で中まで火を通すようにしたいので、火を通しすぎないようにしてください。

f:id:mameco0417:20170321221105j:plain

 

その間に、セリを茹でます。

根を切って、しっかり洗います。

本当は根も食べれるし美味しいのですが、その分、根の間にある泥を丹念に取り除く必要があって、めんどくさいから切り落としました。

洗ったら、輪ゴムで留めておくと楽です。

 

茹でる写真を撮り忘れたのですが、お湯を沸かして、根側から入れてお湯に浸したら、ひっくり返せばOKです。

びっくりするくらい火の通りが早いので、トータルで30秒くらい。茹ですぎると香りが飛ぶので、「え、足りなくない?」くらいで大丈夫です。

輪ゴムで留めてくと、ひっくり返したり取り出したりするのが楽です。(スピード勝負なので)

レンジでいい感じに茹でる方法を模索中。

 

冷水に晒したら、切ります。(これも写真忘れた)

f:id:mameco0417:20170321221317j:plain

 

セリの処理をしている間にササミの粗熱が大体取れるので、ほぐします。

ほぐしたら、スープというかゆで汁というか、に馴染ませとくとパサパサにならずにしっとりとしたササミになります。

f:id:mameco0417:20170321221700j:plain

 

和え衣作ります。

ごま油、にんにく醤油、塩を入れて混ぜるだけです。

にんにく醤油は、醤油とニンニクの風味をちょこっとつけたかった(なぜなら、つまみにしたいから)ので使いましたが、なければ塩だけの味付けでOKです。

ちょっとパンチきかせたければ、おろしニンニク入れても美味しいと思いますが、セリの香りと喧嘩するかも…。

醤油じゃなくて塩で味付けしているのは、セリのいい香りを邪魔したくなかったので。

翌日も食べるつもりなのでタッパーの中で作った。

f:id:mameco0417:20170321221943j:plain

 

ほぐしたササミと切ったセリを和えます。写真忘れた!

セリは、結構水分が多いので、しっかり絞ってください。

ササミ作る時にできたスープ的なものも、良い出汁になってるので入れちゃいました。

 

完成。

f:id:mameco0417:20170321222148j:plain

 

セリってなんでこんなに美味しいんだろうか。

 

 

【追記】

しばらく置いていたら味が馴染んでさらに美味しくなってた…!

作り置き用にも良さそう。たぶん、冷蔵庫で1-2日は持つんじゃないかしら。